対人スキルゼロからのナンパ

対人スキルゼロの人間が本気で行動を取った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

初の連れ出しから変わった体験も

6月27日渋谷でやってきた。19:45分頃開始。一人の人(X氏)と合流、その後YS氏も来るかもしれないとの話だった。1声かけ目、OLっぽい感じ、下の台本が結構話せたが、やはり言いにくいところもある。反応は悪くなかったが、今から仕事なのでごめんなさいって感じだった。次ははコンビで行こうって話になった。2組目、ここは誠実ナンパは厳しいと思い、遊ばないって感じで行こうかと思い、声をかけると、買い物の意味が分からないようで日本人ではなかったようだ。3組目話かけたら待ち合わせだったようで、最初向こうが知り合いに声をかけられたと思ったようだが違い、少し気まずくなった。

4人目、見た目20代半ば~後半ぐらいか、店を覗きながらゆっくり歩いている感じがした。声をかけると最初は少し驚いている感じで、また台本を使ったが使うまでもなかったかもしれない。台本の最後にお茶でもと言ったら、そこに良さそうな店があるのでいってみませんか?と言われて行った。突然声かけてごめん見たいに何回か言ったら、暇だったからいいですと何度か言われた。あとで分かったことだが、彼女は外人に逆ナンするくらいなので、当然と言えば当然か。近くのショットバーに入ってみると思ったより美人で若く見えるが、後で年齢は31と分かった。彼女は誰とでも仲良くなれるようで、明るく話しやすい感じで話もどんどん振ってくれるので、気まずくなることはあまりなかった。あと取り分けなどもしてくれて優しくよく気がつく感じで、これは自分の失敗なのかもしれないが、店員への注文もしてくれた。理想が高いので彼氏はなしと言っていた、また男友達は多いが女遊びをすごいしているか、全くしていないかで中間がいないとも言っていた。大人しいのはそれほど悪くないと思っているようだった。私は普段あまり飲まないが彼女がかなり飲むようで、飲まないわけにもいかず飲んでしまって、酔拳狙いで合流前に缶チューハイを一杯飲んでいたので結構酔った。
ここで飲んだ後、次は自分は今まで行ったことがないといったらPUBのような店に行った。広いテーブルでみんなが大声で話しているような感じ外人もたくさんいた。ここでは席があまり空いてなく、向かい合わせのようになったので、あまり話せなくなった。そしたら彼女の隣にいた1人で来ていた外人が、彼女がつまみをテーブルに落とした時紙を取ってくれて、そこから彼女は外人と話し始めた。海外旅行も好きなので当然か。かなり盛り上がっていたがたまにこっちに単語を聞かれた時いくつかは答えられて良かった。その外人が帰るとまた盛り下がって、そろそろ終電だから帰ろうかと言って帰ろうとしたら、彼女が最後に隣に座っていた外人2人組みに声をかけたらまた意気投合。自分の隣に座っていた外人は仕事も似ていたので、少し話したが、その外人に「全然話さないじゃない、そんなんじゃだめだ」と言われた。やっぱり話せないとだめだなと思ってもっと話を練習しなければ思った。彼女は隣にいた方と仲良くなりメールも交換していた。またその外人2人を含めて会いたいと言うような話もしていた。それから終電の時間になってので帰った。彼女は駅までその外人と一緒に帰り、自分はもう1人と帰ってた。
駅でその2人組みと別れ、一応自分が払っていたので彼女は両替していなかったので一部だが出してくれた。連絡先交換できないかと言ったら彼女は赤外線の送信の仕方が分からない、受信だけと言ってこちらから送った。1回目は受信したか分からなくて、2回送って、その場で彼女がメールを送って受信したか気にしていたので結構好感触だったようだ。その後もメールを一回往復した。

2008年6月27日 4(渋谷) (うちコンビ2)
スポンサーサイト
このページのトップへ

ナンパの台本

ナンパの台本を考えている。

「こんにちは」or「こんばんは」

「今買い物ですか?」「今お仕事帰りですか?」など

「すごい綺麗な人だなと思ってタイプだったので声をかけてしまいました。」(ここはキョドらずに言えるようになりつつある)

「癒し顔って言われない?」「ファッションいいね、髪形いいね(みたいなの)」(ここがうまく言えない、鉄板は癒し顔ネタだろうか?)
反応あれば「そんなことないよ。遠くから歩いていてオーラを感じた。」

「自分東京の○○の方で電子部品の設計をやっている会社員だけど、今日たまたま買い物していたらあなたがいて、今ここで声をかけないと後悔するなって思ったから・・・」(ここが恥ずかしくなって縮めてしまったり、後ろの方は声が小さくなってしまったりする。あとは会社員4年目とか25歳とかも付け加えた方がいいだろうか?)

「仲良くなりたいので、お時間あればお茶でもしませんか?」(だいたい「時間ないです、急いでいます、」のような返答)

「え~それなら今度一緒に遊べない?」(だいたい「今度も無理です。」のような返答)

「え~じゃあメールでもしようよ。アドレス教えてもらえない?」

これで30秒は持つだろうか?課題は褒めるところだろう。予め考えておかないととっさには出てこない。そうすると頭が真っ白で黙ってしまい逃げ去ってしまう。

またナンパしたくなってきた。ナンパはギャンブルに似ているのかも。パチンコやるとき、どうせ無理だ無理だ金を捨てるだけだと言い聞かせながらやる小心者の自分。でも稀に出る、あの嬉しさに似ているのがナンパでメールをゲットすることだろう。だからまたやりたくなる。ギャンブルは金がかかるから私は滅多にやらないけど、ナンパはいくらでも出来る。ナンパが病み付きになる人の気持ちが良く分かる。

ちなみにこの前の40歳、こっちからメール切ったのにまたメール来た。地雷化するかと思ったけど、その後はメールこない。次どうやって会うかの話もしているし、もう1回は会うと思う。多分ホテル代向こう持ちにはできる。援、逆援はしないとプロフにあったから逆援は無理だろうが。かなりエロい。もう少し見た目が良くて10歳若ければセフレにして最高だったと思う。

追記
6月25日目黒でこの前恵比寿、武蔵小山でやった人(以後YS氏)と合流も地蔵に終わる。5日間空けたからか?ちょっとやりにくい場所だったのもあるが、声かけられなかった。次はまた渋谷とかでやろう。
このページのトップへ

人と会いたくない

今日はせっかく家で寝てようと思ったのに自宅のトラブルで渋谷のハンズに行く羽目になった。雨なのに人が多い。一人で歩いている女性もいる。雨でもナンパは出来るんじゃないかと思った。
でも今日の気分は人と話すなんてもってのほかだ。出来るだけ人とは関わりたくない。店員と話すのも嫌だ。速攻で帰ってきた。でも自分が変わったのは感じる。傘でぶつかりそうになっても下を向かなかったし、基本は譲る方向だったが、自分に自信がなくなんでも許すのではなく、自分に少し自信が出てきたと思う。これもナンパのおかげだ。またモチベーションが回復したらやりたい。以前の自分ならそろそろとりあえず諦める時期だと思うが、ブログを書いてると簡単には引けなくなる。

昨日で女性と結婚を意識しない場合でも無料でSEXできるというのが都市伝説ではないと分かった。ネットや人の言うことなんて信用できない。もしかしたら嘘かもしれないもんな。でも40歳で最近人とSEXしてなくて誰でもいいからかまって欲しいと思っているからたまたまなのかもしれない。10代、20代の女性と無料でやっているのは都市伝説かもしれない。これはまだ確かめる必要があるだろう。
このページのトップへ

出会い系で成果を出した

平行してやっていた出会い系で成果を出した。今までは普通のメル友募集、恋人募集でやっていたので、会ってからご飯だけ食べて別れるパターンが何回か、あとは2chの奢りオフなども食事のみでその後に持っていくことは出来なかった。一度会うと、話が盛り上がらなかったりしたことにより自分の思い込みで、相手にまた誘ってねと言われても勝手に自信を失って2回目会う自信がなかったり、一応メールしても反応悪かったりメールが来なかったりしていた。今なら自信も少しは出てきたので、もう少しうまくやれそうな気がするのでまたやってみる価値はあるのかもしれない。
そこで最近は最初からH募集で複数の出会い系に登録しておいた。それに対してたまに返信はあるが、いざ会う段になると音信不通になる。やはり最初からH募集は女性の方が警戒してしまうのだろうか?
今日は別のやり方ではあるが、素人童貞を一応捨てた。相手は40代前半ぽっちゃりだった。映画を見たり、食事、カラオケでも行きたいという書き込みを発見し、メールを送信。40代だからかライバルはそれほどいなかったようだ。まず会って食事、その後映画を見た。ここでカラオケでも行こうかと言ったら、相手があまり時間ないけどどうするというようなことを言った。そこでじゃあ休んでいこうかと言った。多分向こうも意識していたのだろう。ホラー系の映画だったのでそれほど不自然でもなかったし、蒸し暑かったのも幸いした。そのままホテル街の方へ直行、近くまで行くと「ホテルに行くの?」と言われたがそこも「うん」て感じでかわして入った。
やはり今まで体験した風俗などとは違い、向こうから求めてくるのを感じた。今までのが演技だったと言うのも分かった。40なので性欲も強いのかもしれない。風俗などで練習した甲斐もあり逝かせることもできた。私は素人童貞を捨てられると思うと極度に興奮してしまい、フェラで逝ってしまった。だからその後の挿入では逝けなかったので「一応」卒業と書いておいた。その後のメールのレスポンスもよく、また会える可能性は高いと思う。
でもこれはいいのか悪いのかどっちなのだろう?今回はこっちから連れて行ったようになったのでホテル代は自分で出したが、ご飯は割り勘、映画は奢ってもらったので、次からは割り勘かもしれない。これは世の中の童貞から見たらかなりおいしい話だ。でもナンパ師や一般の男性から見たらありえないのだろうとも思う。
話に関しては相手が40代とのこともありあまり緊張しなかったので、自分としてはそこそこ話せたほうだと思う。ただ相手には大人しいねとかなり言われた。またいつも言われることであるが、表情がつまらなそうとも言われた。ただ誠実さや真面目さなど30以上の女性からはまだ相手にしてもらえることが多いようにも感じる。今後はナンパでも高齢狙いをするべきかもしれない。彼女があと10歳若ければ当然狙っていったと思うが、40はさすがにきつい。

これでナンパをする目的の半分は達成されてしまった。あとは彼女いない歴=年齢さえなくせればだが、こちらは厳しいだろう。でもこれさえ達成できれば結婚相談所にでも入ってしまうだろう。どちらにしても30までには結婚したい。帰りに上野を見てきたが、疲れていたしやる気も落ちたので声はかけなかった。そこそこやる場所はありそうだ。
このページのトップへ

渋谷で終電近くまでカンソロ

渋谷で22時から終電近くまでカンソロナンパをした。やはり夜の渋谷センター街はナンパに慣れている人が多いのだろう。またかと言うような反応を感じたり、うまく交わされている感じがした。ただやはりタイプですに対しては喜んでいるように見える女性がいた。ギャル男がたくさんナンパしているしカラーも合わない。だいたい夜の繁華街で綺麗な人なのでとか言う誠実ナンパは常識的に考えても変かもしれない。軽いナンパは自分にはまだ無理なので昼にやったほうがいいのかも。即より彼女候補が欲しい。
最初に話すことを考えておけば、声をかけた理由や自己紹介など20~30秒ぐらいのトークはできるようになった。まだ突然の相手の反応にあわてるような長い会話もない。すぐにお茶したいとか連絡先教えては中々OKは出ないのでもう少し会話できるようにならないとだめだろう。

2008年6月20日 カンソロ13(渋谷)
このページのトップへ

合流

この前恵比寿で会った人と再び合流した。武蔵小山で1声かけ。夜になると人が少なくなるのは分かっていたが、やはり駅から出てくる人ぐらいであまりいない。声をかけたらかなり驚かれて、こっちがびっくりした。

自分で見るために書いておく。
2007年5月 1(赤羽)
2008年3月 1(渋谷)
2008年4月 1(渋谷)
2008年5月17日 6(渋谷)
2008年6月1日 11(池袋)
2008年6月7日 カンソロ7(新宿)
2008年6月11日 6(恵比寿)
2008年6月14日 カンソロ2(池袋)、2(池袋)
2008年6月16日 カンソロ2(蒲田)
2008年6月18日 1(武蔵小山)
当面の目標は夏前までに100声かけだが、私のやり方は人少な目の場所である程度狙って声をかける方法なので数がなかなか伸びない。今週末の雨が痛すぎる。
このページのトップへ

体調不良気味

今日は仕事を休んだ。それで蒲田でカンソロしてきた。蒲田もそれほどやりやすいわけではないが、ちょっと裏手の夜は飲み屋などで賑わってそうなところで、何か食べながらかなりゆっくり歩いている女性を発見。一回は見失ったがその辺でうろうろしていたらまた戻ってきた。そこで声をかけた。
「こんにちは」「今買い物ですか?」
「仕事です。」
「綺麗な人だなと思ったので」「すぐに仕事ですか?」
「はい」
ここで粘れずに逃げてしまった。どうもにらむと言うかきつい目で見てくる。その他もこの辺りたまに風俗系かお水系の女性がいるようだ。二人目は駅前でまたちょっと派手めの黒い服を着た女を発見。声をかけたらにらまれた。
体力があまりなく体調も悪い。週末までナンパは休みたい。やらないとやらないで不安になるが。
素人童貞捨てたい?彼女いない歴脱したい?多分この二つがコンプレックスになっている。だからナンパしないと不安になる。ナンパすると緊張して情緒不安定になる。でも先週1度のどが痛くなって風邪気味だったので少し休んだ方がいいのだろう。

それとナンパをしたことによるちょっといいことがあったので書いておきたい。蒲田に行く途中電車に座っていたら杖を突いた老人が乗ってきた。以前ならここは立って目だったら大変なので下を向き続けていただろう。ただ今日は早速に立てた。これも他人の目を気にしなくなったからだと思う。ナンパしているところを人に見られる、席を譲っているところを人に見られる、こんなことに抵抗がなくなってきた。

これもまだ疑問に思っていることなので「初めてのナンパからアポ」の記事に追記しておく。
例えば一回相手を褒めても10~20秒ぐらいしか時間は埋まらない。そんな感じで1~2回言ったもののそれで終了。 メールでの話とかも少し話してそれで終了という感じ。会話とはどんな感じで進めていくものなのかそれすら分からない。あと相手から質問されてもとっさに聞かれると答えられず曖昧に答えて、1~2分するとどうにかその答えが思いつくものの、もうその話は終わっているので1~2分の無言の後いまさら答えるのもなんか変に間が開いてしまうようで結局黙ってしまう。いつもあのときああ言っておけばよかったという後悔ばかり。褒めるということだと、
「何で声かけたんですか?」「慣れた感じがしました。」
「すごいタイプで美人が通ったので声をかけました。」 「いつもは声なんてかけられるような人間ではないけど、ここで声をかけないと後悔すると思ったから・・・ (最後の方は恥ずかしくてしどろもどろ)」
こんな感じでも1分も持たない。他にどんなことはなせばいいのだろうか?
このページのトップへ

疲れた

もともと人付き合いが苦手なので他のナンパ師の方と合流するのも疲れた。しばらくカンソロ主体になるかもしれない。暑いのは苦手なので夏はあまり出撃しないだろうから、もうやれる時期が限られてしまうかもしれないが。

某巨大掲示板のとあるスレから、

・女性と話すのは当然緊張するとして、男性と話すのも緊張する。
・初対面より数回会ってると自分を曝け出せず余計に話せなくなる。
・自分以外の数人が会話してて、自分一人だけ黙っている状況がよくある。(職場などの飲み会では常にこの状態)
・用があるのになかなか店員に声をかけられない。
・知らない人(店など)に電話をかける前に、相手がこういって自分がこういうなどある程度考える。
・交友関係を築かず、いつも同じ人と一緒に行動する。もしくは一人。
・仕事に関係のある必要なこと以外の雑談が出来ない。
・順番で何かを発言する状況で、自分の番が近くなると心拍数が高くなる。
・自分から人に話しかけられない。常に相手に振られないと話さない。話かけられて応じるだけ。
・自分に自信がなく自分の内側や内面を出すことが出来ない。
・自分の思っていることを人に知られたくない。
・職場などで「あっ、すみません」ばかり言う。声が小さく、よく聞き返される。
・筋道立ててきちんと話すことができない
・他人に変に見られてないか気にしすぎる。
・自分は人に取るに足らない存在だと見なされていると思うことがある。
・毎日2chをやっている。
・一人で空想や妄想に耽ることが多い
・趣味は専ら一人で黙々と楽しむタイプのものを好む、あるいは無趣味
・そうかといって趣味や遊びも中途半端、悪い意味で個性的
・表情が暗いつまらないと言われる、友達無し

私はこれを完全に満たしている。
このページのトップへ

初めてのナンパからアポ

「初のメールゲット」の記事で書いた結末に関して書いておく。その後反応もよくいい感じでメールが続いた。なぜかナンパに慣れてそうとも言われた。
当初先週の土曜日の夜アポの予定だったが、相手はバイトやサークルなどがかなり忙しく、当日に都合が悪くなってドタキャンとなった。その後メールをやめて水曜日にメールをしたところ今日の夕方までOKと返事をもらった。
結果は散々で向こうも大人しくあまり話さないので、会ってから話はほとんど弾まずの状況だった。全体の7~8割ぐらいは無言で1時間ぐらい昼食をして別れた。

もうナンパでアポをとってもこれだけつらいのかと思うとしたくないくらいだ。ナンパで不特定の相手とならなんとか話せるが、意識しだすと何も話せなくなってしまう。25年間自分の内側を隠してそれを見せずにごまかすことに慣れてしまったので、いまさら出そうとしても厳しい。そもそも短いフレーズでないと話せなくて、長く話そうとすると急に恥ずかしくなって途中でやめてしまう。あらかじめこれを話そうと頭の中で考えていれば話せるが、とっさに質問されても答えられない。そのとき自分の本心をうまく隠してしまおうとする。ナンパになれてそうと言われたのはイメージトレーニングをたくさんして、それを実行したからだと思う。でもちょっとした予想外のことがあれば去ってしまうだろう。
ナンパ自体は楽しいが成功してどこかに連れ出したり、アポ取ったりというのはしたくない。失敗すればいいが、成功するのが怖い。でも出会い系や某巨大掲示板の奢りオフでももう少し話せたこともあるので、相手が話し好きなら大丈夫かもしれないと思ってやるしかない。

その後池袋でカンソロで2声かけ、今日やれないかとメールいただいていた方がいたので、その人と合流して2声かけした。
このページのトップへ

恵比寿で合流

ナンパ仲間募集で連絡貰った人と合流。恵比寿に行った。声がかけやすいところはあまりないが、それでも少し出来そうなところがあった。とりあえず6声かけ。多少会話が続いたのがあった。「仕事なので」というのと、こっちから急いでるんですか?と誘導してしまった相手、後者はタイプですに対して少し嬉しそうにも見えたが、連絡交換したりはしそうになかった。残りはガンシカに近かった。
このページのトップへ

カンソロでの声かけ

なぜナンパをするか、それは自分に挑戦したいからだと思う。何か新しいことに挑戦してそれを達成してみたいのかもしれない。大学の時はサイトを作るということに挑戦して実際に作っていた。CGIなどもかなり作ったりしたが、詰めが甘い、まあいいかと言う感じになるので、最後は中途半端だったような気がするが。ただし自分の場合ずっと同じ力で努力し続けるようなことができない。3ヶ月100の力でやって9ヶ月休むようなスタイルになる。50の力で少しずつ1年続けてやりたいとは思うが・・・あえて難しい方法を選ぶこともある。理系を選んだのも人と違うこと、難しいことをやりたいと感じたからだったと思う。

そこで6月7日土曜日、まだやったことのないカンソロでの声かけに挑戦した。話のできない人間がナンパをすること自体挑戦だが、ナンパをするための原動力はここにあると思う。
14時頃新宿に着き人が多すぎると声がかけづらい傾向があるので、まず西口に行ったが、たまに1人で歩いている女性が通る程度、通れば何か言い訳を見つける。いい感じの人が通るとものすごい緊張して足が震えてくる。結局声かけられず、新宿はやりにくい東口に行こうと移動する。またふらふら歩きつつ、あちこち移動するも全然だめ。5時間経過後、今ここで声をかけなければどうする?人生今しかナンパはできないかもしれない、ここで諦めてどうする、など自分との戦いだった。ここで体力も限界、声をかけなければ家に帰らないと思いで声をかけた。1度声をかけると一気に感覚がマヒしてガンガンいけた。5時間で0声かけだったのが、30分で一気に7声かけ。でもガンシカでないと分かっても体力が限界で食いつくこともできず、挨拶するのが精一杯だった。

このブログは一般的な人の書き方と少し違うと思う。一般的には一度記事を書いたらそれは残して次を書くという手法をとるだろうが、自分はまずたたき台を作ってそれを少しずつ修正していく方法を取る。これでなければ書くことができない。人に何か質問されてもすぐには答えられず、考えてしばらくしてから答えを作ることしかできない。頭の回転が遅い、言語能力が低いのかもしれない。その辺がコンプレックスとなり会話もできないのかもしれない。なので、更新されたからといってそれで終了と言うわけではなく、どんどん変化してしまうと思う。あまり古い記事は修正せず残しておくつもりだが。
このページのトップへ

初のメールゲット

次に6月1日日曜日に池袋でオフを行った。このときは時間が空いたからか前回の方法を取らず自由にやる方法を取ったからか、最初地蔵になった。でも前回の最後のときも順番を決めずに行っていたから大丈夫と思い、自分から何とか行けた。1度行くとその後は楽になる。結果は11声かけだった。
その中で初めてメールをゲットした。ブーメランになったので、だめかと思ったらすぐにメールが返ってきた。
「こんにちは」「今買い物しているところですか?」 「すごい綺麗な方でタイプだったので声をかけてしまいました」 「良かったらお友達になれませんか?」という感じで次々に声をかけて、相手の顔が赤くなった気がして嬉しそうに見えた。
それで「今から遊べませんか」と言ったところバイトなそうなので、「じゃあ今度遊べませんか?」「メールとか交換できますか?」と言ったら悪用されそうと言われたので大丈夫と言ったら、厳しそうだったので、ここで恥ずかしくなったし諦めて逃げ腰になり去ろうとした。
でも相手がまだ見ていて、だめでもなさそうだったので、なんとか踏みとどまって「タイプなので仲良くなりたい」というようなことを言ったらOKみたいになった。でも赤外線で送ると電話番号も行ってしまうと言われてこちらの情報を赤外線でをブーメランした。その後すぐに今日声かけてもらったものですのようなメールが返ってきた。
(この続きについては良くも悪くも終結したら詳しく報告するつもりです。)

感じたこととしては、最初の「こんにちは」「今何しているところですか」 で無視されても諦めないと言うこと。今まで完全なガンシカではなかったのに諦めていたのがかなりあった。最初話しかけられても気づかなかったりして見ないことが多い。でも少しすると相手が見てくる場合がある。ガンシカだと思う完全に下を向いてこっちを避けようとしている相手でも少し粘ると見てくる場合がある。あとイヤホンをしている人に声をかけてしばらく待っていたら外してくれた。
ちなみに自分のスペックとして顔は、某巨大掲示板にある顔面偏差値という顔を偏差値で評価してくれるスレがあるが、それをやったところ45前後で平均よりブサイクな部類に入る。話も会話は出来ないのでひたすらお茶したい、メールしたいという感じで押すだけだったが、これでもメールゲットぐらいは出来るんだなと分かりかなりの収穫になった。
このページのトップへ

一緒にやれば地蔵を脱した

そこでじゃんけんなどをして5分以内に順番に声をかける方法を考えた。
GWにまた募集してオフをやった。このときは7人集まった。途中でいなくなる人などもいたが、5人ぐらいいた。このときはなかなか声をかけられない人がいてあちこち周った。体力不足のため結局声をかけられず、撤退してしまった。このときは声をかける気持ちも強くどんどんいけそうだったので、非常に残念だった。ただこのときの自分は順番を決めてさあやれと背中を押してもらわないと駄目だった。

次に考えたのが、以下の方法
1.メンバーでじゃんけんなどで順番を決めてナンパをする。
2.時間は3分以内。タイマーなどで厳密に時間を計る。
3.他のメンバーに指名をお願いしてもいいし、自分で行ってもいい。
4.ターゲットがいないなどの言い訳は問答無用
5.3回出来なかったら罰ゲーム

5月17日土曜日渋谷で行った。
募集を行った。というのもかなり自分勝手な人間なので自分のやり方で自分の場所、時間でやるのが楽だからである。集まってくる人は勘違いしてすごいことだと思っているようだが、逆に幹事の方が楽な気がするのは自分だけだろうか?とはいえメールの管理や集合場所の指定、来ていく物を詳しく書いたり最初は面倒かも知れない。
この方法では今までで一番スムーズに声がかけられた。1日で6声かけだった。今までは一回のオフで1声かけが最高だったのでかなりの成果といえる。人と会話が出来ない人間よく進歩したと思う。ただ無視(ガンシカ)が多かったのが練習にならず残念ではある。これは自分から逃げてしまった面も多かったのだというのが後々分かった。またこの日調子に乗ってカンソロを行おうとしたがだめだった。
去年の3月頃の自分と比べてのものすごい成長には驚く。その頃は人に話しかけられると照れて黙ってしまって、自分から話すなど絶対にありえなかったから。また女性と目が合うだけでものすごい緊張して女性の近くを歩いているだけで勘違いされないだろうか?など考えて外に出る時は常に下を向いて歩いていて、前を見て歩くことなどなかった。ナンパをやってみてやはり過去の自分のように下を向いて歩いている人がいるのが分かる。
このページのトップへ

地蔵

最初は当然のことながら地蔵になった。今まで人と話したことすらないので当然といえば当然。まずは、ナンパ指南サイトを読み漁り、その後某巨大掲示板のオフで行ったのが最初。2人で行ったが、ずっと立ってるだけ。もう一人の人は途中で帰ってしまった。サイトに書いてあったようにうまくは行かない。その次行ったとき去年の5月、4人集って昼から夜までやった。このとき背中を押してもらって最初の1声かけをした。「こんにちは」「タイプだったので声をかけてしまいました」と言って相手がこっちを見たとき恥ずかしさのあまり立ち去った。今思えばこれはガンシカではなかったのだろうけど、その頃の私には精一杯だった。その後も夏前まで何度かやったが、声はかけられず、しばらくナンパから離れた。夏以降はモテたいという気も少なくなった。

今年の2月の下旬からまたナンパをしたくなってきた。3月にまたオフに出た。このときは指名してもらって1声かけできた。私は順番などを決めて人に指名してもらわないと声がかけられない状態にあった。
ところで人と話すときも意見を求められて始めて答える。人が数人で話をしているとき入り込めない。複数では一言も話せない、1対1だと少し話せる。原因は良く分からない。会社で顔を見ないと挨拶するのが嫌だ。朝顔を見ずにみんなに向かって挨拶しなければならないが、これは辛い。最初は相手の方を向いて一人一人挨拶していたような気がする。今でも気持ち悪いから、みんなそっぽを向いてると最悪挨拶をしない。その後、また何度かオフに出てGWまでにもう一回強引に背中を押されて声をかけられたときがあった。
このページのトップへ

きっかけ

きっかけはブログを見たこと。
その人は私が今までイメージしていたようなナンパではなく、もともとそれほどモテなくて、しかもナンパのやり方がスマートでいわゆるギャル男がやるようなナンパではなかった。そもそもナンパなど街中でやっているのを見たこともなく、見た目やばそうなギャル男がやっているのをテレビで見たぐらいだったので予想外だった。最初見たのは5年ぐらい前だっただろうか。でもその頃の私はとにかく人付き合いが苦手で、友達や人と関わるのは絶対に避けたいという考えだったので彼女も欲しくなかったし(本気です。高校の時の友達が彼女できたとか聞いたからわざと話を合わせたりしたが、実際は面倒だと思った。この友達とも会いたくなくてなんとか避けていた。でも社会人になってからは少し会ってもいいかと思ったら、こっちから連絡とっても向こうに避けられるし難しいものだ。)、やるようなことはなかった。ただ付き合っているのにナンパをしたり、二股かけてたり、結婚する前にHをするなどは許せなかった。大学ぐらいまではものすごい固くて真面目な人間だった。

その後出会い系などもやって何も成果もなかったが、メールの研究などは結構やった。でも成果はなかった。社会人になり普通に月日が流れて行って、あるとき(去年の春)精神的に辛くなった。そのとき色々読み漁っていたらモテるモテないのは自分に対する自信だというのを見て、どんな人でも自信をもっていい、自分にも彼女が出来る可能性があるんだと気付いた。それから色々努力して、なんとか道を歩いているとき顔を上げて歩けるようになった。人と話すときはまだ突っ込まれると黙ってしまうが、それなりに自分に自信を持てるようになったと思う。それから見た目も美容院に行ったり髪形も勉強したり最近やっとセット(それでもダサいが・・・)できるようになったと思う。

その人のブログは休止していた。だけど、相手の女性にも悪い印象を与えないようなスマートなナンパをやりたいと考えるようになった。失敗してもいいからたくさん撃てという考えを知り、出会い系でも実際会うことやご飯を食べることは何回かできた。それまでは失敗する可能性があるのなら最初からやらないでおいた方が得という考え方をしていた。

恋愛に対する遍歴としては中学のとき一度告白のようなのされた。でもその頃の私は生徒と一言も話さない人間で、先生に指されない限り1週間に1度話すか話さないか程度だったのでその話もなかったかのように消えた。中学と高校では一部の女子からよく話しかけられた。やはり謎が多い人間は気になるのだろうか?でも向こうが一方的に質問して、こっちは黙るかまれに一言で答える感じで、会話はなかった。大学からは理系に行き全く女性と縁がなくなった。社会人になってから風俗やキャバクラにはそれなりに行った。キャバクラは去年の春以降数回だけ。それまでは自分に自信がなく話すことなど出来なかったから。風俗に関しては、冒険心というか法律にすれすれ・外れるようなことをやり、スリルを味わうことで当たり障りない人間と言う外面を維持してきたような人間なので、単純に性欲ではないが行った。社会人になる直前に手コキに行って、その後ヘルス、ピンサロ、デリヘルなどたまに数ヶ月のブランクが入るがだいたい月1ぐらい行っていた。デリヘルで童貞は捨てた。その後本エステや本サロなどでも数回経験した。小学生は友達とたまに万引きで謝りに行かされたり物を上から投げたり水を溢れさせたりいたずら、中学は友達はいなかったが完全に安定していた。高校は奇跡的に仲の良くなった友達と学内の盗み、大学も含めて半年に一回ぐらい煙草を吸ったりとかだったか。最近は逆ナンパ部屋に1回行った以外行っていない。でも秋ぐらいになるとまた風俗など行きたくなるかもしれない。
このページのトップへ

自己紹介

在住:東京の南西
職業:会社員(2005年~)
性別:男

自分からは話せず、話しかけられると自分の内面を人に知られたくないから 
恥ずかしくなってしまって曖昧に誤魔化したり黙ってしまったりする
恥ずかしいというのと、人に勘違いされるのがものすごい嫌だからというのもある
テレビや芸能人、漫画などをあまり見てこなかったこともあり話題がない
面倒くさがりでやらずに済むことであればやらないという性格
部活動、バイト、文化祭などのイベント、友達関係などなど必要最小限以外は逃げてやってきませんでした
友達は高校のとき2人いたくらい
学生時代スポーツテストで常に全国下から数%の最低ランクにいて体力が異常なまでにない

好きなことは某巨大掲示板に張り付くこと、ドラクエシリーズ(レベルは70~80ぐらいで投げ出す)、鉄道のダイヤ(ただ見ているだけで駅の配線など面倒になると投げ出してしまう)、PC(親戚や家族からはすごいと思われているみたいだけど、会社の人を見ると全然無知なレベル)、自然を散歩すること野鳥を見るのも好き、街の大きさや規模などの都市の話や都市開発、地価の話など、あとは天気関係の情報雪や雷などは好き、でもネット上で得られる専門資料をを見るくらいで気象予報士などは取れるレベルではない、基本無趣味で中途半端、極めているようなことはない。
音楽は90年代のは少し好きなのもあるが、余り知らない。アニメはドラえもんが好きだったが他はほとんど見ていない。ドラゴンボールなど有名なのも一度も見たことがなかった。妹がいるので少女アニメは少し。テレビはあまり見ない。NHKは会社帰ってから見ることもあるが、しっかり見るというより別のことをして後ろでたまに聞いてるくらい、芸能人はあまり知らない。映画は古い有名作品は多少見た。本は国内の純文学と海外古典を読んでいる。

コミュニケーション能力が低く、言葉は一言交わすのが精一杯で人と会話が持たない。友達も今はいない。小学生はいたずらで先生に目を付けられていたが、友達は学内で暗いグループ、無理に明るいというか喋っていたが、話すのは同じことの繰り返しが多くて新しいことは恥ずかしくて話せなかった。中学はほとんど何も話すことがなくて、高校はそれでも奇跡的に友達ができてお互いの家に行ってゲームとかをしたこともあった。大学は理系でバイト経験は工場で7日間だけ、読書、勉強、PCのみで生活のほとんどをすごし人とほとんど関わらなかった。家と遠距離だった大学との往復、長期休暇は引きこもり状態だった。自分の内側を人に知られるのがものすごい嫌だ。だから友達もいないし人とも会話できない(しない)のだろう。話しかけられても自分の内面を人に知られたくないから曖昧に誤魔化したり黙ってしまったりする。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

aiue

Author:aiue
学生時代人とほとんど話すことがなくここまで来ました。
質問、感想などどんなことでも気軽にコメントいただければ嬉しいです。出会い系はかなり苦手なのであまり答えられないと思います。

最近の記事

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。